1.環境関連の法律,規制,業界基準を遵守するとともに,特定・特別医療法人博愛会の全法人的環境方針にのっとり,自主基準,業務手順を整備し,環境マネジメントの継続的改善に努める。
2.医療廃棄物による環境汚染の防止を図る。特に感染性廃棄物の的確な管理に努める。
3.施設環境の保全のため、法人内の安全管理を推進する。特に院内感染の防止に努める。
4.地球温暖化防止のため,エネルギーの削減に努める。
5.資源の有効活用のため,排出物の削減と再資源化の推進に努める。
6.この環境方針達成のため,環境目的・目標を設定し,全職員をあげて環境マネジメントを推進する。また,環境目的・目標を定期的に見直し,必要に応じて改訂を行う。
7.環境方針は、電子化文書として又は小冊子にて全職員に配布する。また外部からの要求に応じて開示する。

環境マネジメントプログラム
院内感染の防止
清潔環境の維持  各部署による清掃の徹底等による清潔な環境の維持で院内環境に起因する感染を根絶する
排出物の削減と再資源化の推進
資源ごみの再生促進  資源ゴミは買った場所で分別して捨てる持ち込んだ資源ゴミは持ち帰り分別廃棄等によりリサイクルのラインに乗せる
環境汚染の防止
感染性廃棄物の的確な処理 施設からの排水水質維持   医療廃棄物・感染性廃棄物の分別を明確にし、一般ゴミへの混入ゼロを目指す